徒然草 サントリー美術館

2014/07/18 Fri 19:26

DSC09206ミッドタウン

美術で楽しむ古典文学、展覧会開催のミッドタウンにあるサントリー美術館,
徒然草の招待券を頂いたので友達と行ってきました。 
兼好法師によって書かれた『徒然草』は、随筆集、エッセイであり、さまざまな
テーマについて兼好法師の思索・述懐・感慨が加えられています。 
とても良かったで--す。 

96958A90889DE5E0EBEAE.jpg
サントリー美術館 日経新聞掲載より拝借

展示作品の現代訳は
仏教論,人間観,女性論,住居論,趣味論,自然観 、世相論、、
ユーモアもあり涙あり、面白く、、頷くことばかり、、さらっとですが
全部読まずにはいられませんでした。
徒然草とはこういう内容だったとは知らず、恥ずかしながら目からウロコでした。
そして、もっと古典を読もう! 思うのでした。
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示