図書館で借りた本  #2

2010/02/07 Sun 08:16

図書館から予約してた本の連絡があり取りに行く、ついでに、愛用してるほほ日手帳のコメントに時々でてくる谷川俊太郎の詩、題名は『朝』を借りました。暖かくていい詩です、吉村和敏氏(写真家)の写真がマッチしてとても素敵、詩のなかに、「おわってしまうものは ひとつもない すべてがはじまり」朝を素直に表現してます。毎日の生活で、おはようから初まる朝に、あたりまえに迎えている自分、あらためてありがとうと思いました。
また、この本にも出てくる、谷川さんの”朝のリレー”は、ピアニストの息子さんとコラボでCDになっています。

2010_02060017.jpg

午後、義母の施設にいき、モモちゃんが骨折をしたことを伝えると大粒の涙を流して悲しんでました。
昨日、群馬、長野方面は大雪注意報がでるほど、東京も寒かったです、カメラを持ってふらふら出かけるにもブルッ!風が冷たく吹いてたので、モモちゃんの介護に徹してたらいつの間にか一緒に寝てました。たっぷり眠りましたとさ。

2010_02040005.jpg
2度目、東京に降った雪です。

| コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
お義母さま、優しい方なのですね。
モモちゃんのこと、心配してらしたのですね。
でも、モモちゃんもう元気なので安心ですね^^
朝のリレー
ネスカフェで頂いたはがきに書いてありました。
カムチャッカの若者が・・・っていうのですよね。
CDになっているんですか。調べてみます。
実は家の子、谷川俊太郎と一字違いなんです。
彼の事、全然知らなかったんですが、後で知ってからは、
どんな人なのか気になって、本を読んだりしました。

モモちゃん、退院おめでとうございます。

No title
フリージァさん
ピンポーン、義母は最高のお姑さんです。
いつも暖かく見守ってくれてます。
私の自慢は、嫁・姑、と一度も喧嘩をしたことが
ありません。ほんとに仲良しでした、今は失語症で
喋れませんが気持ちは通じていると・・・。
義母のように、可愛くて優しく歳をとりたいと
思っています。
No title
ほんとですかぁ?一字違いなんですね。ビックリ!
谷川俊太郎は、素直な詩なので読んでいて
爽やかになります。
そうそう、Hibiscusさんの影響で、図書館で予約するの
ですが待ち期間が長くて、それにない本ばかりです。
夏川草介の神様のカルテ、図書館のPCデーターには
あるのに、本棚にない。係りの人も?がってた。変な図書館ですよね。プンプン
新書はないけど、どんどん借りて利用しています。

管理者のみに表示