沖縄の牛 羊 猫

2015/02/11 Wed 08:29

DSC01846 牛

乗らなかったさぁ(沖縄弁^^)↓由布島の水牛車、以前、竹富島で観光したことあります。
牛さんはお疲れ気味でした(^^;) 

DSC01849 牛

そして、あちらこちらに黒色の牛が放牧して草を食べています。
羊も時々見かけました。  
生後およそ12か月以下の子羊の肉はラム、それよりも年をとった羊の肉はマトンです。
石垣牛は、ブランド牛、肉類はあまり好じゃないので食べませんでしたが。 

DSC02024 ヤギ

DSC02006 山猫

西表猫はめったに見られない貴重な猫、運転中の道路に、猫出没注意と
看板があったので、出てくることもあるようです。
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本最大の亜熱帯ジャングルへ、クルーズで森に入っていき、気持ちのよい風と
大自然の香り感じながら、トレキングへ。

DSC01880 西表

DSC01890 マングローブ
マングローブ

DSC01984 カヤック
高校生?のカヤック隊

DSC01966 滝横
マリユドウの滝

DSC01949 滝縦○
・・・・・の滝

DSC01998 沖縄鳥
カンムリワシ この時期だけくる鳥とか。 船の中から撮りました。

PS
昨日、スポーツジムに出ようと靴下を履いた瞬間、ギクッ! あっ!と言う間の出来事で 
ギックリ腰になって寝たきり老人(^^;)してました。 ふぅ~  
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄 小浜島 

2015/02/08 Sun 14:15

石垣島から小浜島へ高速船で(約30分)渡ります。
DSC01836 海と船

DSC01787 牛
ホテルで電動自転車を借りて、シュガーロードへいってみる。長い1本道の両脇に広がる、
さとうきび畑、その向こうに広がる水色の海、・・・牛も山羊もいます。

DSC01791 小浜島 道

自転車を置いて展望台に上ります。結構、階段はきつい。 頂上からの景色が素晴らしい。
生憎の曇り空でも見えたのはラッキーと思わないと、前日は雨でなにも見えなかったので、
今日また来ましたという人達がおりましたから。

DSC01780 小浜島
時折、霧雨が顔に当たります。 
アップダウンの坂道はジェットコースターのようにびゅん~と走るのは気持ちがいいです。
今回の旅も、デコボコトリオ(婿ママ、娘、私)で、そして沖縄は3回目です。 
婿ママちゃんは電動自転車に乗るのは初体験、盛り上がって楽しんでいました。 
わ~い 楽ちん!、楽ちん!  

DSC01803 小浜島 縦 

img_cp2.jpg
空から見た星野リゾート 
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄から帰宅

2015/02/07 Sat 21:36

4泊5日沖縄の旅から無事に帰ってきました。 
曇りと雨でしたが西表島から石垣島へ渡る頃、太陽が顔を出してくれました。 
東京へ帰る寸前船から、沖縄色(^^)の青い海を見ることができました。

DSC02063 海沖縄

DSC02068 沖縄 海

DSC02080 沖縄海
石垣島から羽田まで約3時間30分、飛行機は満席でした。  
しかし、5日間も悪天候とは普段の行いかしらん・・・・(苦笑)
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

熱海温泉郷 散策

2014/12/16 Tue 18:40

DSC00347 さくら縦 DSC00355 さくら 
熱海市内の観光・・、熱海サンビーチラインの所にある、「お宮の松」の手前にヒマラヤ桜が満開.。
快晴で風もなく暖かな日和でした。

DSC00365 走り湯熱海 DSC00363走り湯
日本三大古泉、伊豆山の参道のふもとに、走湯神社があります。
走り湯の由来は、走るようにお湯が湧き出して海へ注いでいたためとか、10メートルほどの
短い洞窟の奥には源泉が沸き出ています。この蒸気を浴びるとお肌がつるつるになるそうです。
伊豆山へ ↓ 
     DSC00377伊豆山
こちらの由来は、伊豆の富豪に生まれた北条政子は、平治の乱で島流しになりこの地に
逃れてきた源頼朝と恋に落ちます。しかし、父の北条時政に猛反対を受けても親を捨てる
覚悟で頼朝のもとに走り、妻となったのでした。 
・・・二人が座った腰掛の石がありました。 良縁のパワースポットになって、神社にある
梛の葉はお守りとして売られていたそうです。(今は取り扱ってないそうです) 

DSC00460 MOA屋上 DSC00478 屋上紅葉
そこから、熱海市私立のMOA美術館へ行きました。  屋上は綺麗に手入れがされた庭園で
紅葉が少し残ってました。  そして・・・・花火大会が見える宿に向かいました。 
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

香川に来たら うどん

2014/09/30 Tue 19:10

朝食を済ませてチェックアウト、、徳島から高松へ車で約2時間、ご親戚一同と合流です。

DSC09773 四国朝食

そしてお墓参りです。 そして・・・・

DSC09790 お墓詣り香川

香川と言えば「うどん」 前夜から親戚のおじさんじゃない従弟さんと何度も打ち合わせして
マルタニ製麺に決定! 婿曰く、こういうお店が美味しいとか。 確かに美味しかったですが
人気店なので次々とお客さんが入るので落ち着かなかったのは仕方ないですね。 
それだけうどん人気は凄い!! 食べたのは、一番人気の「ぶっかけうどん」で-す。  

DSC09780 マルタニ製麺

marutani022114m.jpg  img10133674368.jpg

人気の、るみばぁちゃんのお店は行列で売り切れも早いのでパスしました。
空港でおみやげを購入してました(娘)

親戚のみなさん7名、空港から手を振ってお見送り、高松空港ははっきり姿が見えるんです(^^) 
・・自然体で、素朴で優しくて、田舎のない身として羨ましくも過ごせました。ありがとう。

四国までは羽田空港から高松空港からも約1時間でした。 早っ!
「高松はなにもないけん」 「いやいや楽しい四国の旅でしたよ」 
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
高知~徳島~高松の旅、デコボコトリオプラス婿さんの4人で行ってきました。
というのも高松にある婿ママちゃんのお墓参りを兼ねて、翌日は、親戚一同集まり
楽しいひと時に混ぜて頂きました。1泊でしたがは早いですね、搭乗時間は
55分で、あっと四国に到着しました。

DSC09693 桂浜

「高松は見るところが何もないけん」 と聞いてましたが修学旅行・瀬戸大橋開通マラソン参加と
懐かし思い出がありました。 四万十川・しまなみ海道・お遍路さん・・・行ってみたいです。

DSC09740 吊り橋 DSC09734 吊り橋

高所症には恐ろしい橋ですね(^^) 、・・何故か通行チケットが手渡されました。
かずら橋は、葛類を使って架けられた原始的な吊り橋、平家の落人がこの地に潜み、
追手が迫ってもすぐ切り落とせるように葛を使って架設したとの伝説もあるが定かではないと。
もし、その時代に生きていたら間違いなく渡りきれずに渓谷に落とされていました>私

DSC09750 吊り橋かづら

かつお  DSC09705 市電

高知と言えば、カツオのタタキ、ランチは人気の”ひろめ市場”でがっつりと。
市電、車の中から撮影しました。
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
先週行った、新潟塩沢の旅の二日目は雨降りでした。
近くにある、雲洞庵に行ってみることに。
期待をしないで行くと、立派なお寺で驚きました。 お寺の中に入り庭園をゆっくりと
眺がめると心が安らぎます。 ここで一句とは行きませんでしたが・・・   

DSC09460  お寺参道

こちらの参道の石畳は歩くだけで仏の功徳があるそうです。
「雲洞庵の土踏んだか」 という言葉が生まれるほど一度は訪れる価値のあるお寺です。
青紅葉も清々しいですが真っ赤に染まる紅葉を想像するとわくわくしてきます。
そして、苔があちらこちらにあったのもいっそう雰囲気を醸し出しておりました。

DSC09468 看板

DSC09479 コケ仏像

DSC09500 塩沢塾

お寺から、雪国の歴史と文化を活かした「塩沢宿牧之通り」によってみました。
江戸時代の宿場町の風景を再現し、かつて三国街道沿いの宿場町として栄えた
歴史のある通り、生憎の雨と火曜日はお店の定休日なのかお休みが多かったような。
それから、10日町一番のお蕎麦屋さんで「へぎそば」を食べてから源泉掛け流しの
お風呂へ入ってきました。 
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

新潟魚沼市 自然の宝庫

2014/08/28 Thu 13:01

宿の敷地内にある広大な裏山は、森林浴ができます。ふぅ~ 深呼吸 
ここで大きなテントを張って楽しそうにキャンプしている家族がおりました。

DSC00480 裏y真

DSC00519 どんぐり茶

DSC00512 どんぐり

栗、柿、どんぐり、キノコ たくさん見かけました。
DSC00482 クリ 1908082_831656630255577_4294786950347869449_n.jpg

泊まった宿。
DSC00520 塩沢荘
ここで一句 
裏山は木の実の宝庫旅の宿
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
35度前後まで気温が上がり、気象庁は熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
先日行った蓼科 横谷渓谷にある「乙女滝」 どこから流れてるか探検に行った時の写真です。
 
DSC07088 滝壺
滝の上 ↑
DSC07101滝壺縦
道路の下を通ります。 ↑
DSC07104 渓谷
一揆に乙女滝に落ちました。↑
DSC06954 おとめ滝

滝の画像で少しは涼しくなったような・・・・。 
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
蓼科高原周辺は遊ぶところがたくさんあります。
イングリッシュガーデンは入園料を節約く(^^;)じゃない、時間がなくて、
外から入口のバラを撮りました。 
 
DSC06964 蓼科薔薇園

白樺湖に咲くマーガレット
DSC06993白樺湖マーガレット

白樺湖のアカツメクサ、気合を入れて撮りました(笑)
DSC07011 白樺湖レンゲ?

宿の黄金の湯は源泉掛け流し、
こちらの黄金湯入浴は男女が時間で交代するのは不満でした。
この温泉は体に効くのでどっぷり浸かって元気モリモリ 
アイフォン娘撮影↓
蓼科風呂 黄金

DSC07067 温泉白横
こちらも温泉効果あります。↑
DSC06929 二人
湯上りに散歩しました。
森が大好きな二人、さくさくどんどん歩いていきます。オーイ!

ここで俳句 
夏木立君呼ぶために背伸びして
湯上りに親娘見上ぐや乙女滝
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

白樺湖 車山高原 

2014/07/05 Sat 20:16

白樺湖を散策して、車山高原に向かいます。

DSC06986 白樺湖

DSC07013 車山高原

高原一面に咲くニッコウキスゲが見られると期待したのですが、リフトから、
1~2株見えただけでした。 そのリフトに乗ると前に乗っている人達の後ろ姿が
微笑ましくてワクワクしながらカメラで狙ってみました。 8本の足、いいですね。(^^)

DSC07018リフト4人

展望リフトに乗って頂上へ、ここへ来る前に立ち寄った白樺湖が見えます。
DSC07020 車山頂上

車山気象レーダー
DSC07030 観測車山

DSC07028 花 DSC07029 頂上 

高山植物の宝庫であふれるほど咲く高原の花は、まだ早かったようで
ほとんど見当たらなくて 寂しいぃ! 右側の写真、のどかですね。
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
DSC07074 おとめ看板 

宿から徒歩で5~6分のところに、乙女滝に行く道案内の看板が出ています。

DSC07076 少女階段

その階段を下りて(数えたら80段弱) 乙女滝がごうごうと音を立てながら現れます。
新緑や紅葉の時期と冬の氷の季節は、共に素晴らしい景色ですとパンフに書かれてます。

DSC06961 滝

恋が叶うという伝説が残る恋愛成就の滝とか。ふむふむ 

DSC06957 おとめ滝知代

DSC06942 渓谷 DSC07063 渓谷2

横谷渓谷を散策、一枚岩 マイナスイオン15000、(川底は数十メートルに渡り、
1枚の岩盤)だそうです。以前、雪が積もった真冬に写真を撮りに行った場所>懐かしい~
三脚無しで、息を止めてスローシャッターにして切ってみました。 少しブレがあります。

DSC07086 遊歩道滝

まさに、森林浴地帯、渓谷の遊歩道は森になっていて中を歩くと気持ちが良いです。深呼吸!
歩いてると「霧降の滝」が現れます。滝が流れる上を覗こうと思って行ってみると、
先客ありで横から撮りました。

ここで俳句 
玲瓏(れいろう)と夕日を浴びて乙女滝  (玲瓏(れいろう)は、透き通るように美しいさまのこと)
乙女滝ちふに水音ごうごうと   (ちふは、・・・という意味)
川の字に親娘三代夜の滝
湯上りの親娘見上ぐや乙女滝
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

清里 まきば牧場 

2014/07/03 Thu 18:36

デコボコトリオ(婿ママ・娘・私)で蓼科方面へ温泉旅行に行ってきました。
まずは、須玉インターを降りて”さくらんぼ狩り”へ、お腹がサクランボ色になった後、
今度はカボチャのほうとうを、食べて、そして、その後は「まきば公園」へと向かいました。

DSC06866 牧場公園

DSC06874 牧場公園

ここは八ヶ岳牧場の一部を開放してつくられた、雄大な自然と広大な
緑の牧草地の中で動物とのふれあいが出来る公園です。
羊とヤギがいて、羊は一心不乱になって(^^)もくもくと草を食べてました。

DSC06882 -1

DSC09125 牛

こちらの牛さんは、清里、清泉寮ちかくにあるパン工房の手前にいました。
昔、賑わっていた清里の面影が薄れている感じがしたような。

DSC09120 牛2

牧場を後に、蓼科 横谷渓谷にある温泉宿に向かいます。
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)

蓼科バラ園

2014/07/02 Wed 10:03



来ています。
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »