個展 

2015/01/29 Thu 17:56

銀座、歌舞伎座横・木挽町通りある画廊へ、昔の会社の同僚だった人の個展を
同期入社の人と見に行ってきました。
彼女の個展があると画廊がOB会のようになり懐かしい話題に(爆笑)してます。
次回は席を設けて(^^)同窓会案が出てましたが・・・。
 
DSC01643 歌舞伎座

DSC01660 工藤秀子

革という素材を キャンパスに見立て作品を作り上げていきます。 
この細かい作業が楽しいというのに(驚) いてます。

DSC01658 工藤秀子 横
工藤秀子 個展
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

仁清・乾山と 京の工芸展へ

2014/11/12 Wed 18:01

IMG_2864-1.jpg

京の工芸、 風雅の器、仁清の白釉、乾山の和歌、能、漢詩意匠、融合される
京のやきものの美は素晴らしい・・この難かしい言葉は↑パンフレットに書いてありました(^^)

DSC03695 皇居前

DSC03705 出光美術館

出光美術館9Fより
相変わらず皇居周回をジョギングをしていますね。 懐かしい~~~
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本国宝展

2014/10/31 Fri 07:45

東京国立博物館の、日本国宝展へ、 けっこうな混雑、早速、音声ガイドを借りて案内してもらいます。  
作品はすべて国宝、会場は国宝で溢れています。 そのなかでも国宝の土偶たちは人気でした。 

title.jpg


博物館庭園 秋と春、年2回一般公開されます。 
前回、行ったときは解放されてなく、館内から眺めてました、のどかでした。


DSC09990 博物館池 鵜

DSC00017 さいごうさん 縦

博物館鑑賞は、疲れます、最後に西郷さんを見学したら、披露困憊でした。
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

徒然草 サントリー美術館

2014/07/18 Fri 19:26

DSC09206ミッドタウン

美術で楽しむ古典文学、展覧会開催のミッドタウンにあるサントリー美術館,
徒然草の招待券を頂いたので友達と行ってきました。 
兼好法師によって書かれた『徒然草』は、随筆集、エッセイであり、さまざまな
テーマについて兼好法師の思索・述懐・感慨が加えられています。 
とても良かったで--す。 

96958A90889DE5E0EBEAE.jpg
サントリー美術館 日経新聞掲載より拝借

展示作品の現代訳は
仏教論,人間観,女性論,住居論,趣味論,自然観 、世相論、、
ユーモアもあり涙あり、面白く、、頷くことばかり、、さらっとですが
全部読まずにはいられませんでした。
徒然草とはこういう内容だったとは知らず、恥ずかしながら目からウロコでした。
そして、もっと古典を読もう! 思うのでした。
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

バルテュス展 上野の森

2014/05/16 Fri 20:38

DSC06059 上野バルテュス

東京都美術館でフランスの画家バルテュス展にカルチャー仲間と行ってきました。
素晴らしかったで-す。 バルテュスとは ・・・奥様は日本の方なんですね。
バルテュスを愛する人々に、好きな作家のひとり、江國香織さんがおり驚きました。
ほかにも坂本龍一、篠山紀信、吉永さゆりとファンが多くいます。

bal001_2014051620511197d.jpg

美術鑑賞後は、韻松亭で、今日も懐石料理、、、三段弁当を食べてきました。
ここは人気店で、いつも行列しています。幸い10名の席を確保はラッキーでした。

DSC06068 上野懐石

350844.jpg obentou_.jpg

食後は、不忍池を散策(吟行?)してきました。
 
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

人間国宝展 東京国立博物館

2014/02/23 Sun 00:15

    DSC02655 人間国宝
 終了の日が迫っていた人間国宝展へ駆け込みで鑑賞してきました。今日が最終日です。

   人間国宝展

 陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、全104名の人間国宝の作品を紹介しています。
 左から、4番目平田郷陽「抱擁」人形作家として初めて人間国宝になった平田氏の作品、
 娘が産んだ初孫に感動して作ったという、会場からため息が聞こえて>人気の作品でした。
  

            DSC02659 上野博物館
         表慶館 日本ではじめての本格的な美術館です。 ドームの水色が素敵! 
     
   DSC02718 紅梅上野 
                紅梅見っけ。
 
展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

ターナー展 東京都美術館

2013/10/18 Fri 18:18

ウイリアム・ターナーイギリスを代表する国民的画家、ターナー展 開催している東京都美術館にカルチャー仲間と行ってきました。 英国に留学した夏目漱石はターナーの作品に出会い強い印象を受け、傘のような松がある島の絵は後に漱石の小説「坊ちゃん」に登場ターナー島と名付け、今でも愛媛県松山市に実在してるそうです。 ふむふむ  

DSC08935 上野美術館  DSC08936 美術館 ミラー

画家が生涯を過ごした英国ロンドン・生涯の情景、その足跡をたどった作品は素晴らしかったです。

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

水彩画 作品展  銀座

2013/10/02 Wed 16:15

友達の水彩画展へ、台風通過中で土砂降りの雨、近くの京成線を利用して東銀座駅から歩いて行ったのですが、地下道で迷い、地上に出て迷い、又、地下道の東銀座駅に戻ってと、、地下に入ったり地上に出たりしましたが無事、あーと絵画展に着きました。・・・・会の全員の人が描いた水彩画は1年の成果が滲み出て素敵でした。(会場の写真は失敗しましたが^^;)

DSC08296 歌舞伎座

それから、丸の内線に乗って小川町駅へ、淡路町駅小川町駅は線が違いますが同じところにあって、あやうく電車に乗るところでした。たまに都心に行かなと迷いますねぇ。 地上に出て、神田司町の友達のお店に寄ってきました。 やれやれ

DSC08304 秋葉原  秋葉原 橋
 
その帰り道、秋葉原駅に向かう万世橋に新しい施設『マーチエキュート神田万世橋』がOPENしてました。かつて賑わいを見せた神田青果市場跡が、今再び新たに「食文化の街」として生まれ変り「ちゃばら」とかとか、こうして街はいつの間にか変わっていきます。  出かけるときはチェックしていきましょう>教訓 それと、地下鉄の出口番号を知らないと、とんでもないところに出ますしね。 

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

江戸東京博物館

2013/06/21 Fri 15:11




雨が降ってきたので吟行予定の等々力渓谷行きが変更になり、江戸博へ、
とても良かったです。 お勧め!です。


展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

国立博物館  上野の森

2013/02/16 Sat 00:37

DSC03281 (1) 上の   

DSC03282.jpg

友達6名で新宿御苑に行く予定でしたが今にも雨が降りそうなので急遽 ”上野の森 ”に変更となり、円空展で仏像を鑑賞してきました。 飛騨の円空・千光寺とその周辺の足跡、仏像は生涯に12万体を造り、現在でも5000体以上の円空仏が知られています。  何年振りかしら、博物館の中に入ったのは、もしかして正倉院展以来かなぁ、 本館・平成館も覗きましたが全部は周りきれませんでした。

DSC03284 (1) 梅

梅がちらほら咲き出しています。 

DSC03294 (1) 上の

ランチの後、花園神社を覗いていたら雨が本降りになったので、ささっとお詣りをしました。

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

国立新美術館

2013/02/09 Sat 19:26

DSC03185 (1)  DSC03209 (1) 新美術館

陶芸をするランニング仲間の人が作品2点 ”奨励賞”をゲットしたので展覧会好きの友達に六本木にある新国立美術館に道案内してもらいながら行ってきました。  作品展は、絵画、工芸、写真、陶芸とあって、広々ゆったりした空間もあり作品が見やすく、参考になりました。 

DSC03203 (1) ツボ  DSC03207 (1) ツボ (1)

最後に陶芸のコーナーがあり、歩いていくと大きな壺が2つありました。これだ--!
作品目録に、鎬立涌文広口壺と書いてあります。が、鎬...何て読むのかしら、なかなか変換できなくて、やっと調べて分かりました。「しのぎ」って読むんですね。 で、壺の名前は・・・”こうりつわくぶんひろくちつぼ”って読んだけど違っていたら・・・どうしましょう 

       DSC03195 (1) 金ちゃんツボ (1)    DSC03194 (1)

ということで、作品展の帰り、ミッドタウンではソニーの作品映像、富士フイルム館は写真家の作品展を覗いてきました。 行ってよかったで---す。

展覧会 | コメント(2) | トラックバック(0)

絵画展 と 柴又寅さん

2012/11/08 Thu 21:53

DSC02519 貝塚

今月の初め、柴又へ友達の絵画展を見に行ってきました。小さな体の彼女なのにエネルギュシュに油絵で情熱的に描いてます。素敵! そして同時開催の、陶芸作品、子供達の絵も見てきました。芸術の秋ですね。

DSC02530-n

丁度、会場の前は「寅さん記念館」入口をちょこっと覗いてきました。

寅さん役の渥美清は、”あかとんぼ”という『句集』を出していたんですね。

赤とんぼじっとしたまま明日どうする 風天 (渥美清)
夢で会うふるさとの人みな若く    風天

>>時として哲学者のように思索的であり、またある時は詩人のように
   美しい言葉を語る人であると、山田洋次監督は彼について語ってました。

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

サークル合同作品展 

2012/06/23 Sat 00:36

  DSC00950.jpg

地域の輪、地区サークル同士の親交を暖めようと初の試みで「和紙ちぎり絵」「つまみ画」「フォト・彩」合同展示会を催すことになりました。 我々、フォトサークルのテーマは、鳥、動物、花、風景、、、 各自4点~5点ずつ、A3サイズ、A4サイズで展示です。 私は、バリ島の写真3点、愛犬ミウ姫、ゲートブリッジの夜景と5点を出しましたが、先輩達は写歴に応じて力作ぞろいです。 23日~27日まで展示してま--す。

DSC00939.jpg   DSC00913.jpg準備中 

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

木炭画  個展へ

2012/05/03 Thu 08:29

カタチを友として、カゲを遊ぶ、 象友遊翳 (しょうゆうゆうえい) 木炭画展

P1060399.jpg

雨降る中、江戸川区にある「タワーホール船堀」の一階展示ホールで開催中の「牧本隆 木炭画展・モノクロームの世界2012」に誘われて、見に行ってきました。え!木炭1本でこの大画面を描く作品は衝撃ものでした。 白黒の世界とはいえ、鑑賞しているうちに、色の深さ、明るさの表現は、カラーのようになって見えてどんどん引き込まれていきます。 写真撮影の参考になりました。・・・画家さんはご近所さんで、菖蒲園や市川の里見公園やその先の坂川をよく探索しておられ、その作品が多いです。 坂川という名は 「坂のように速やかに水が流れる川」を願った熱い思いが込められているそうです。 こんど行ってみたくなりました。江戸川周辺の近くには、まだまだ未知の場所が・・、探検の価値ありですね。 

P1060403.jpg   P1060404.jpg

隣りの部屋では、写真展も開催、見学してきました。

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)

御茶ノ水 ギャラリーへ

2011/03/31 Thu 01:20

title_blog.gif  20110220_1820063.jpg

友達の親友が御茶ノ水でギャラリーを経営して3周年! 記念のお祝いに娘と覗きに行くと、かの有名な陶・作家の、植松永次氏の展示会でした。彼の作品は花を見るように土を見る、壁面に展示するとジワーと広がりがあり、鑑賞者を引込んでくれる作品とか・・。たしかに陶のオブジェを見ていると、ほっこりと暖さを感じました。不思議ですね。

      page 組 TRY

展覧会 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |